HOME>Utility>【好条件の求人多数】施工管理技士を目指そう

気になる疑問を解決しておこう

施工管理の職をまだ経験したことのない人にとって、疑問点や不安は多いと思います。そこで、よくある疑問をQ&A形式で紹介しています。疑問をここで解決しちゃいましょう。

施工管理のよくある疑問

施工管理に向いている人はどのような人ですか。

施工管理に求められるのは、集中力や判断力、順応力のある人です。リーダーシップのある人は、特に向いているでしょう。

勤務時間はどのくらいですか。

勤務場所によって違いますが、大体朝の8時~17時頃までです。作業の進捗状況によって残業も多少あります。

雨の日は何をしているのですか。

雨の日は、安全のため工事が行えません。現場での作業がないときには、事務処理などのデスクワークを行っているところもあるようです。

【好条件の求人多数】施工管理技士を目指そう

施工管理技士の資格について

施工管理技士は、国家資格です。施工管理技士の資格は、6種類ありそれぞれ1級・2級があります。土木施工管理技士、建築施工管理技士、電気工事施工管理技士、造船施工管理技士、管工事施工管理技士、建設機械施工技士です。どれも学科試験と実地試験があります。学科試験は、マークシート形式、実地試験は記述形式となっています。実際に実技を行う試験はないので、地道に参考書などを解いて勉強をすることが、合格へと繋がります。

施工管理技士の資格を取るメリットとは

施工管理技士の試験の合格率は3~4割といわれており、決して高い数字ではありません。しかし、資格取得を目指すことで知識や技術を深めることができますし、さらにキャリアアップへと繋がります。また、資格取得をすることで給与アップへと繋がることも。求人にも「施工管理技士資格保持者大歓迎」という文字を見かけることも少なくありません。この資格を持っているだけで建築業界の転職はとても有利になりますし、ぜひ取得を目指してみてはいかがでしょうか。

施工管理の給与の相場

施工管理の仕事のおおよその平均年収は400~450万円程度といわれています。20代のうちの平均年収は300万円程度ですが、勤務年数やキャリアが上がるごとに、年収もアップします。40~50代になると、年収もピークを向かえます。施工管理技士の取得を持っていれば、さらに給与も上がります。地域によっても給与は変わってきます。やはり、都心だと給与が高い傾向にあります。

男性

広告募集中