HOME>ホットトピックス>【求人を見る前に】建築施工管理技士の仕事について

【求人を見る前に】建築施工管理技士の仕事について

履歴書

作業が円滑に進むための計画

施工管理の求人を探しているのであれば、建築施工管理技士の仕事内容も詳しく確認しておきましょう。建築施工管理技士は、国家資格であり、この資格を取得していると、建築業界で活躍できます。また、建築施工管理技士の資格は一級と二級があり、それぞれ取得している級によって扱える仕事内容が異なります。建築施工管理技士の具体的な仕事内容は、工事現場で働く人たちへ直接指示を出して作業が円滑に進むように監督する仕事です。建築施工管理技士の仕事内容は大きく分けると、四つあります。その一つが、施工計画です。施工計画とは、建築工事が予定通り安全に進めることができるか予算なども配慮して計画することです。例えば、どこの工事業者を利用するのか、その工事内容、現場の環境調査なども担当します。さらに、現場の不要になった素材をどう再利用するか、ということも計画し、それでも不要になった廃棄物の運搬処理なども計画します。

円滑に作業を進めるためのスケジュール管理

工事を円滑に予定通り進めるために、工程管理を行うのも建築施工管理技士の仕事です。建設工事の開始から終了までの詳しいスケジュールを立てます。工事が大きければその分作業人数も多くなるので、建築施工管理技士のスケジュール管理とリーダー力がとても重要となります。

作業員の安全と建設の品質管理

安全管理は建築現場において、一番大切なことです。パトロールや危険予知などの安全管理も、建築施工管理技士の重要な役割です。作業員はもちろん、工事近隣の住民や歩行者の安全も配慮して工事は行わなければなりません。安全管理とともに、建物の出来上がりにも施工管理技士は大きな影響を与えています。建物が設計図の通りに完成するためには、建築施工管理技士の的確な指示が必要です。設計図ではあまりわからない細かい部分も建築施工管理技士が管理して工事を進めます。

広告募集中